忍者ブログ
パソコンのパーツやソフトの紹介を紹介します。 Windowsやubuntuのカスタムや設定解説あるかも知れません。
MENU
>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>>8>>9>>10>>11>
http://echo-news.net/culture/naver-founder-and-line-developing-leader-lee-have-jin-worked-for-korean-intelligence-agency


この記事を読んでみると、情報が漏れているとかブッこ抜いているというレベルではなく
そもそも、情報を得る為にLineを作ったと言ってもいいだろう。
カカオトークなんかも記事のように避けたほうがいい。
電話番号とメールアドレスは誰か使ってれば電話帳から漏れちゃうので仕方ないけど
個人情報は個人が気をつけて守らなくちゃね。

拍手[0回]

PR

rubyでandroidアプリが開発可能なrhostudio をDLしてみた。

rhomobile sutudio
http://www.motorolasolutions.com/JP-JA/Business+Product+and+Services/Software+and+Applications/RhoMobile+Suite

androidSDKやNDKなどをインストール
http://www.kkaneko.com/rinkou/js/rhomobileuse.html

http://smph-biz.jp/environment/windows.html


上記で色々インストールし環境を整える。
Cドライブ直下にSDKやNDKがあると便利かも。
ubuntuとかも導入可能なはず。

日本語化
http://mergedoc.sourceforge.jp/

Eclipseの日本語化パッチですが、rhostudioもEclipseベースなので可能です。
やり方は・・・

1.RhoStudio.exeのあるフォルダにpleiades_1.5.0の中身をコピー。
2.rhostudio.iniをテキストエディタで開き、末尾に

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

をペーストして起動。



こんな感じになります。

拍手[0回]


https://play.google.com/store/apps/details?id=org.easyrpg.player&hl=ja

ここからDL可能です。

実は他に「猫RPGXP player」や「Choco R2k Player」というアプリがあるのですが

韓国製ということで、インストール時の情報を確認すると

「端末IDと通話情報」や「wifi接続情報」など、個人情報が漏洩する危険性があるので

入れている人はアンインストールしてください。

韓国製は大変危険です。

といことで、easyrpgはメディアの情報のみ取り扱うアプリとなっているので安心です。
使い方ですが・・・・インストールするとストレージに「easyrpg」のフォルダが出来ます。

1.「games」フォルダにゲームを入れる。フォルダごとでOK。

2.http://www.libsdl.org/projects/SDL_mixer/timidity/timidity.tar.gzからtimidityのDL
 tar.gzの形式に対応した圧縮解凍ツールで解凍して「timidity」フォルダを
 「easyrpg」フォルダ直下に入れる
3.http://tkool.jp/support/download/indexにてPCにRTPをインストール。
 インストール先のフォルダより各RTPを「easyrpg」直下に「rtp」フォルダを作成
 更に「2000」及び「2003」のフォルダを作成し、そこへコピー。
4.ゲームタイトル選択画面でロングタップして言語を「japan」にする。



これでプレイできます。
動作が重かったり、自作戦闘などは正常に動作しなかったりしますが
上記紹介の危険な韓国アプリよりは正常に動いているのではないかと思います。

拍手[8回]


こちらでADB環境は導入されたんじゃないかと思います。
導入されていない方は、ググってみてください。


今まではTitaniumBackupじゃなきゃ丸ごとのバックアップは取れないと思っていました。
何かないかな~~ってことで見つけたのがHelium
android4.0以上でないと使えない。
最近のスマホなら大丈夫でしょう。

http://androidlover.net/apps/backupapps/helium-how-to-use.html

を参考に導入して実際にやってみました。

まずは
http://www.clockworkmod.com/carbon
でPCの版のheliumを導入。

次に、USBデバッグモードで本体と接続
スマホにもHeliumを導入。
「全てを選択」にチェックしてバックアップ開始。
無料版は「外部SD」までかな。クラウドにバックアップは有料版でした。
フルバックアップのパスワード何も設定しないようにしないとうまく動かないっぽいです。
実行するとめでたくフルバックアップの完成です。

FJL22は本体内蔵型の電源なので、バッテリーがヘタったりすると丸ごと交換。
そうなるとまた再設定するのが大変ですからね。
今のうちにバックアップを作っておくと、何かあった時に便利です。
しかも、非rootで出来るんだから使い勝手はいいです。
母艦となるPCがないと出来ませんが、Windowsタブレットが出ている時代ですし
用途は色々ありますね。


関連記事
FJL22 フォント差し替え

拍手[0回]


まだrootは取っていないmitsu-evoです。
昨日、ISW13Fから機種変して1日目ですが、電池のもちの良さにびっくりしています。
昨日の夜にほぼ満タンにしてパズドラやぷよクエやっても44%です。

さて、フォントを簡単に差し替えができるってことらしいのでやってみました。

用意するもの。

1.microUSB ー USB の通信ケーブル
2.FJL22本体
3.ADB用ドライバ
4.Android SDK Tools
5.使いたいttfフォント。


以上です。
rootを取ったりとかしません。

この機種は「Android 4.2.2」なので、「開発者向けオプション」が表示されていません。
なので、これを表示させる所から始めます。

「設定 > 端末情報 > ビルド番号」

7回ビルド番号をタップすると出てきます。
そして、本体側でUSBデバッグにチェックを入れておきます。
ついでに、手書きフォントを一つ作成しておきます。
これを作ることで「myfont.ttf」というファイルが端末内に作成されます。


次に、ADB用ドライバAndroid SDK Toolsを「readme」にしたがって導入します。


そして「C:\Users\ログインユーザー名」のフォルダにでも
使いたいフォントをコピーしておきます。
コマンドプロンプトが使える方ならCドライブ直下などどこでもいいです。
フォントのファイル名を「myfont.ttf」に変更しておいてください。

これでADBコマンドが使えるようになるので、コマンドプロンプトを使い・・・

C:\Users\ログインユーザー名>adb push ./myfont.ttf /data/fonts/myfont.ttf

とpushコマンドを使います。
そして、本体側で手書きフォントに指定すると・・・・





のようにフォントが変わります。
ちなみに、これはエヴァフォントってやつです(^^)
otfファイルなんかも拡張子をttfに変更したら認識されました♪


関連記事
非root 本体丸ごとバックアップツール Helium

拍手[0回]




AUショップでついにISW13Fから機種変してきました~~(^^)
別に富士通が好きなわけじゃないんだけど、気がつけばIS04→ISW13F→FJL22
となってしまいました。

ネットでも今までのARROWZらしからぬ良機種という高評判!
電池の持ちが13Fとは大違いですね。

とりあえず、落ち着いたら色々と書こうと思います。
ちなみに、値段は38000円からポイントやら割引やらで「実質0円」という驚きの価格!
これが半年前の最新機種だったと思うと、ARROWZの悪評がいかにすごかったかですね。

拍手[0回]


この機種をアマゾンで買ってから1年ちょっと。
バッテリーの減りが元々早かったのですが、ここ1~2週間は異常な発熱と電池の減りがあり
暴走の原因究明に努めていた.


1.状況



「設定」の「電池」を見ると「AndroidOS」という項目が画面などを抑えてダントツの66%


2.アプリを削除



結果として、auwifi接続のアプリが悪いっぽい。
他にも、GoogleMAPがゾンビアプリとして有名とか。
使うので結局そのままにしてあるが。
やったこととして、覚えのないアプリや入れたけど忘れてしまっているようなアプリや
TitaniumBackupでプリインのアプリをアンインストールしたり「凍結」したりしてみた。

3.他にやったこと


・バッテリーmixとOSモニターをインストール。
・使用プロセスやCPUの状況などをモニターして何が悪さをしているのか観察。
 うちの端末の場合、system/bin/am2server というプロセスがずっと動いていた。
・メディア系のファイルが破損しているとメディアサーバーが暴走するとかで
 動画ファイルMP4やFLVなどを全て削除。MP3はそのままにしてみた。
 以外にSDカードのキャッシュに残っていたりする。

・SDカードのフォーマット。
 領域が壊れていたりするとどうとかいう記事もあったので実施。
 SDカードの内容をPCのに全てコピー。
 FAT32で「クイック」のチェックを外してフォーマット。
 再びSDカードへコピー。

・設定関連


価格.comで荒れた掲示板の一部から抜粋。

◎同期はGoogleが常時
◎エコモード無し
停止関連
◎auおすすめウィジェット
◎auコミュニケーション
◎auニュース
◎auフレンズシェア
◎au周辺情報
◎au天気
◎カメラ
◎カメラ温度警告
◎DiXiM・(各種)
削除アプリ
◎プリインゲーム

4.結果



ちなみに初期化である「ファクトリーデータリセット」はデータのみが初期化されるだけで
本当にシステム部分がダメだった場合は「全く効果が無い」ようです。

実はシステム部分も一部壊れていて「shフォルダ」が消えてしまっているので
ADB接続でコマンドを打つとコマンドのファイルがないので実行されない。
移動のコマンドすら受け付けない状況なのでもう終わっちゃってます。

1万円ちょっとで買った機種にしては頑張ってくれたほうなので
また白ロムを探そうかと思っています。
とりあえずHTC-J Butterfly 辺りでもどーなんだろう??
とかざっと考えています。
今なら20000円前後ぐらいが相場っぽいです。



関連記事
IISW13F root化

拍手[0回]


プロフィール
HN:
mitsu-evo
性別:
男性
自己紹介:
FMV MV205から改造が始まり、Windowsをメインにハード及びソフトをいじっています。
最近はubuntuやスマホのAndroidなども手を出しています。
AMAZON
記事の品をアマゾンで検索
最新CM
ブログ内検索
フリーエリア


アクセス解析
忍者アナライズ

Copyright©PCパーツ・ソフト通販(仮):All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]