忍者ブログ
パソコンのパーツやソフトの紹介を紹介します。 Windowsやubuntuのカスタムや設定解説あるかも知れません。
MENU
>1>>2>>3>>4>>5>>6>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このサイトは全てのページでリンクフリーです。
自由にリンク貼って下さい。


パソコン本体・パーツ・周辺機器をお探しの方へ


メンズ向けシルバーアクセサリ







li
xa検索エンジン 登録 ASSISTANT
xbhttp://www.ncm.ne.jp/omocha/
xc相互リンク SUPPORTER
xdSEO 対策
xeショッピングモール

忍者admaxテスト中
忍者admaxテスト中

拍手[0回]

PR

カテゴリー別の内容一覧です。
細かいカテゴリーについてはサイドバーの「カテゴリー」参照。



初心者にも分かる○○
パソコンの初心者向けに解説した記事です。


解説・説明
Windowsの高速化や最適化などソフトの使用方法などの解説です。


ソフトウェア
無料もしくは便利なソフトウェアの解説です。


リンク一覧

SEO関連など当ブログでお世話になっているリンク集です。


拍手[0回]


Cube i7 bookを買ってから問題となってるのがバッテリー。
持ち歩く用に買ったもので、以前はコレ。



で、充電しようと思ったら全く充電されない!!

ACアダプターの仕様を見てみると12V 2.5Aとなっている。

どこか海外のサイトでUSBtypeCからPD対応だと充電されるという。

更にググると、MackBookで充電できるならCube i7 bookでも充電できるとのこと。

あとはアマゾンで探したのが以下。





PD対応品で4000円ほどという価格。
そして、大容量であること。
クイックチャージ対応品で、同時にPCとスマホを充電できること。
アダプターの方は、ケーブル付きで1000円という安さとPD対応対応品。


モバイルバッテリーの使用感として、i7を0から100まで充電するとバッテリーは
100から23まで減った所で充電完了でした。
時間は仕事中にほっといたので不明ですが、数時間でしょう。半日はかからない。
下手したら小一時間かも。
バッテリーへの充電も速いです。1時間ちょっとでほぼ充電されます。

難点として、大容量であるがゆえに重いということ。
そしてデカイ!!

i7とともに持ち歩くとかなり重量あるのでカバンは激重です。
ただ、それだけのスペックのタブレットを電源の心配なく使えるというのは
いいものです。


Atomなタブレットでは物足りないアナタには必須です!!

いいものです。




そこまではいらない、thinkpad8やmiix2 8で十分な方はこちら。
1万という容量は普通のモバイルバッテリーのそれよりも遥かに安心!

拍手[0回]


BUFFALOのHD-HES1.0TU2(2008年製)が先日逝ってしまったので今回、NAS対応HDDを購入しました。
2008年当時はスマホなんてなくて、1TBでもかなりの容量だったんだけど、次第にスマホとかタブレットとかモバイル機器が出るに従って、GoogleDriveだiCroudだOneDriveだDropBoxだとクラウドサービスも充実してきて・・・
というか、よく10年も保ったもんだな。
でも、やっぱ自前のHDDにバックアップしておきたい!!
ということで以下を購入。

ちなみに、今までの環境は以下。



USBポート付きのルーター!!!
余ってるHDDなどを「FAT32」でフォーマット。
大体、ルーター側がそれしか対応していない可能性が大!!
他に対応形式があるならそっちを。
元はUSBメモリなどを使う用ですしね。
デジカメやちょっとした動画ならネットワーク上で保存できます。
面倒だけど設定次第でネットアクセスも可能!

で、なんちゃってNASをやってました。



今回購入したのは以下。




3TBで簡単なNAS。
取説通りでスマホからもPCからもいつでも簡単アクセス!
自前のクラウドですねーー

使い方は簡単!

1.LANに接続(有線)
2.電源を接続
3.設置する(設置場所はお好きに)
4.取説を読み、スタートアップ設定
5.WEB上で設定後、スマホアプリDLしてQRコードから登録。
6.使用開始!



これで、unityのプロジェクトデータを自由にやり取りできる!
dropboxで代用していたけど、同期の時間とか色々あるしね。



拍手[0回]




ずばりコレです。



こういうのを使えばしっかり充電もできるようですが、まずは試しに5vから12vにする
アップコンバーター付きのケーブルで試してみてはいかがでしょうか??

拍手[0回]




cube i7 book 及び cube mix plusでの熱対策として行われている「冷却MOD」を

我が家のi7でもやってみた。

参考にしたのはこの動画

使った部品は上記リンクのもの。

合計で2000円ちょっとですね。

気をつけるのは最初の開くところですね。

開けてしまえば、英語がわからなくても動画を見て行えます。


バックアップとか取るのに動かしっぱなしにしていたときは最高で80度ぐらいにまで

上がっていたCPUもこれをやってWotBlitzを数戦やってみても70度を切っている

ところで安定している。

拍手[1回]


余ったタブレットの使い道としてこういうのはいかがでしょうか?

接続にスマホのテザリング。

接続したらテザリングのwifiネットワークの共有設定をホームネットワークに設定しましょう。

メインをA サブをBとします。

こちらのページを参考にしました。

Bのwin10にはBuild 14316の更新をしておくことが必要。

まぁ、最新版に更新しておけば間違いないですね。

Bのタブレットのスタートメニューの横の空欄に「接続」と入力すると

「信頼済みのアプリ」とか出てくるので実行する。

すると「接続の準備ができました」と青い画面になります。ブルースクリーンですねwww


次にメインのPCのデスクトップを右クリックメニューから「ディスプレイの設定」から

下にある「複数のディスプレイ」「ワイヤレスディスプレイに接続する」を実行。

接続したら複数のディスプレイ項目にリストが追加されるので「表示画面を拡張する」

を設定すると無事に完了。


これで、出先でも簡単にマルチモニタ環境で作業を行うことができます。

また、出先でなくとも自宅のPCのモニタにも追加できるので便利ですね。

拍手[0回]


プロフィール
HN:
mitsu-evo
性別:
男性
自己紹介:
FMV MV205から改造が始まり、Windowsをメインにハード及びソフトをいじっています。
最近はubuntuやスマホのAndroidなども手を出しています。
AMAZON
記事の品をアマゾンで検索
最新CM
ブログ内検索
フリーエリア


アクセス解析
忍者アナライズ

Copyright©PCパーツ・ソフト通販(仮):All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]