忍者ブログ
パソコンのパーツやソフトの紹介を紹介します。 Windowsやubuntuのカスタムや設定解説あるかも知れません。
MENU
>1>>2>>3>>4>>5>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




WZR-450HPを購入して今までのと交換してネットの速度を測ってみると
JCOM160Mでどうやら13Mbpsしか出ておらず、推奨が50Mbpsらしいので
なんで速度が出ないか気になった。

ポイントは何点かある。

・LANケーブルの規格
・LANのHUBの規格
・モデム・ルーターの規格


ハード的に気をつけるのはこの辺りだろうか。
うちは1000baseで統一している。
ルーターが100baseだったので今回買い換えて速度向上を測ったんだが・・・

昔、XPの時代はMTUとRWINというネット関係の設定値がブロードバンドに
対応しておらず、フリーソフトの設定ツールなどを使って最適化したが
vista以降はその必要がないということでやってなかった。

で、改めて本当かどうかググると下記のリンク先で解説してました。

http://hiropclabo.blog86.fc2.com/blog-entry-53.html

どうやら、コマンドプロンプトを「管理者で実行」して下記を打ち込む。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

で、再度計測してみると・・・・


50Mbpsを出しました♪


EeePCの無線LANで試すと13Mbps程度。
まぁ、スマホなどの端末でそこまで速度を期待していないので
無線でネットが出来ればまぁいいやってことで。
やっていない方はぜひ、お試しください。

拍手[0回]

PR

JCOMにして、メーカーからモデムが送られてくるわけではないので
ルーターの設定なんて言うものが無線LANのルーターのみだったりするわけで・・・

とまぁ、前置きはこれぐらいにして無線LANについて簡単に。

・フレッツ光とかから送られてくる機械は「モデム」
・モデムには「ルーター内蔵」というのがある。
・そのルーターってのがインターネット接続とかネットワークとか
 ポート開放とか関係している。
・無線LANのルーターというのが以下。



・これがあると家庭内で簡単に無線LANができる。
・接続場所はモデムの後に。つまり「壁(回線)→モデム→ルーター→各機器」
・モデムとルーターは有線なので有線の接続速度に注意する。
・電波がいいものかどうか調べる。




と、こんな感じ。
モデムは回線とPCなどの機器のデジタル信号との変換器
ルーターはネットワークの統括機器みたいなもの。
今は



という2年前近くに買ったルーターをスマホIS04購入を機に買ったんだけど
有線の規格が100base-txなのでその他を1000baseにしても
そこで速度が出てなかった。

もらったPCによってメインPCをが新調されたのでこれを機にルーターも新調。



値段は10000円位内で。
有線規格は1000base以上で。
無線の速度はこだわりないが300から450に上がるのでよし。
ついでにUSBスロットが1つあるのでITBの外付けHDDをそこにつけて簡易NAS。
PS3辺りからこれにつながれば嬉しい。
42型REGZAで動画再生機器としてPS3が大活躍する。
ついでにどのPCからでもバックアップもできるし。

接続設定が面倒らしいが、商品が到着したらまたやるかも。


関連記事
家庭内lan 複数 pc インターネット接続
Windows7のRwinとネット回線速度

拍手[0回]


1.ubuntu及びlinuxのOSによるバックアップ

windowsとは関係ないという事と、ubuntu辺りなら簡単にCD及びDVDに
焼いてそこから起動できるので割と簡単??

http://juni24.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

上記リンク先を参考にwindowsのあるデバイスをコピーする。

dd if=/dev/sda bs=1M conv=noerror,sync | gzip -c > win.gz

これはsdaというHDDかSSDかとにかくwindowsの入ったデバイスを
gzipに圧縮しつつwin.gzというファイルを作成するというコマンド。
bsが16kから1Mに変わってますが、ブロックサイズを16キロバイトにするか
1024キロバイトにするかの違いでイメージ作成の速度が違う。
代わりにデータが壊れている部分とかも内包されてコピーされる。

ただ、自分の環境HDD1TBで試すと8時間ぐらい掛かった。
ファイルサイズはおよそ100GB程なので1/10程度にはなった。
このddコマンドによるコピーは経過が見れないのでそんな場合には

sudo ps ax|grep dd

別ウィンドウで新たにターミナルを起動して打ち込むと

7649 pts/0 D+ 0:09 dd if /dev/sdd of /media/VM/mebius.dump bs 409

のように処理中のデバイスが表示されるので

sudo kill -USR1 7649

とさらに処理中の番号を入れてkillコマンドを入れてやると
現在、どこまでファイルを作成したのかが表示される。
リアルタイムで表示し続ける訳ではなく、打ち込んだ段階での進行度なので注意。


gzip -dc < win.gz | dd of=/dev/sda

で圧縮したファイルからsdaデバイスにコピーしてリストアする。
これも多分、時間がかかるので注意。


2.WindowsPEによるバックアップ


愛用のサブPCである「eeePC」にはリカバリディスクがあって
WindowsPEによるノートンゴーストでバックアップをしている。

この記事を参考にしてリカバリUSBメモリを作成するといい。

無事に起動したらあとは簡単。

disk to image

を選んでディスクをイメージにして圧縮(fastかhigh)もしてやる。
元に戻す場合にはdisk from image でイメージから書き込んでやる。

処理する速度はddコマンドによるバックアップよりもかなり早い。
ddコマンドとの違いは、一応ノートンゴーストによる形式でバックアップをするので
別のノートンゴーストを使ったバックアップツールであれば復旧できるかもしれない。
同じく1TBのHDDをバックアップしてできたghoファイルのサイズは15GB程。
ddコマンドとの違いは多分、空き容量の扱い方の違いだと思う。
バックアップ専門ツールとあくまでコピーコマンドでのバックアップとでは
違いがあって当然っちゃあ当然。

ddコマンドによるメリットはlinux環境であればファイルさえあれば復旧できる所。
それと、無料でフリーのツールなども使用せずにバックアップできるところ。
ただ、パーティーションサイズを合わせるとか何だとか別のHDDにコピーするなら
ちょっと面倒そう。
ただ、どっちにしろlinuxでブートするなら最低限のファイルは手動でコピーして
退避もできるので心置きなくクリーンインストールもできる。




拍手[0回]


まず必要なもの。

・DDNSサービス(ieserverなど登録必要)
・Dice(フリーソフトのDDNS更新ツール)
・ポート解放
・MACアドレス


軽く説明しますが、詳細はググって調べて下さい。
大まかな仕組みについて主観で説明します。



DDNSとは「ダイナミックDNS」の略で、グローバルIPというInternet側のアドレスは
ローカルLAN側のIPアドレスと違い変動します。
これを上記DDNSサービスを通じてアクセスするという使い方です。

aaaaa.bbb.cc

のようなホストを取得できます。



Diceとはフリーソフトで上記DDNSのホストへ送信してDDNSへグローバルIPを
取得?させるような・・・とにかく、登録したホストを更新するツールです。
これがないと、グローバルIPが勝手に更新されてDDNSからアクセス不能になります。



ポート解放は、ルーターやファイヤーウォールに設定されているもので
10000など任意の値のポートを開放・・・通過させるように設定することです。
P2Pやオンラインゲームなどでも使う結構重要な項目です。
WOLの場合、ブロードキャスト(192.168.0.[255]←この部分がそう)や
マジックパケットの関係で「UDP」のポートを開放すること。
「TCP」のポートではないことに注意。



MACアドレスは各種機器に設定された物理アドレスでPCなどもあります。
PCで確認するにはWindowsの場合はコントロールパネルから
ネットワーク接続うんぬんの中のローカルエリア接続の
「ローカルエリアの接続状態」というところの詳細にある「物理アドレス」で
「00-11-22-AA-BB-CC」などの値がある番号のことです。



Android側では「Wol Wake On Lan Wan」というアプリを使用します。

・name「単なる項目名」
・MAC「物理アドレス」
・IP or Domain「DDNSのホスト名」
・port「解放しているポート番号」


を設定して送信してやるとめでたく自宅PCの電源が遠隔でONになります。
上手くいかない場合は機種ごとの「ルーター設定」やウィルスソフトの
ファイヤーウォールの設定およびポート解放などの項目をググって調べて下さい。
より詳細に解説してくださっているサイトがあります。

拍手[0回]




我が家のプリンターを買い換えました♪
キャノンの「PIXUS MG6230」というプリンター。
ちなみに以下が昔使っていたプリンター。



今のプリンターって昔より機能豊富で値段が据え置きもしくは安い。
とりあえず・・・・

・無線LAN対応
・CDレーベル印刷
・スキャナー
・6色インク
・用紙カセットトレイ付属


エプソンのプリンターを買った時は上記機能があるだけで4万とかする
値段だったのに今や2万を下回る値段で高機能になっている。
無線LANはスマホとかタブレットを持っている方なら自宅で設定している
んじゃないかと思うんだけど、ケーブル類が不要であることや
地味にプリンターから直でのwebサービス利用とか、複数の機器から無線で
自由に使えるのは大きなメリットじゃないかと思う。

ただ・・・このプリンターはデカい。

置き場所に非常に困る。





次にご紹介、同じくキャノンの「IXY 420F」
mitsu-evoが購入したのはブルー♪

・画素数1610万
・光学5倍ズーム
・SDHC対応
・wifi内蔵
・タッチパネル
・フルハイビジョン動画


画素数については、高いほどいいので高いものを選びがちだが
1000万画素以上はA4サイズやL版サイズでの使用なら見た目変わらないらしい。
ムダに画素数が高いと写真一枚あたりのファイルサイズも16Mとか
デカくなりすぎてしまうので、画素数の高いヤツなら設定で落とす必要がある。
ちなみに、mitsu-evoは上記デジカメをミドル1辺りで使用しています。

要注意なのが「microSDのみ対応」と記載されているもの。
店で実際に見た時に気づいたんだけど、microSD限定だとカードの値段が高い!
SDならまだ安かったり、昔のデジカメのカードを流用できるとかあるので
機能や条件はいいが、記録メディアについてもよく読んでおくこと。


動画については20分区切りで録画されるらしい。
ソニーとパナソニックなら録画した動画をPCからDVDにすぐに焼けるらしいが
他のメーカーは動画のファイル形式が違うので見るだけに限定される。

やろうと思えば出来ないこともない。

録画した動画をPCに移し、無圧縮にデコードしてからmpeg2とかDVDに焼ける
ファイル形式に変換し直した上でライティングツールで焼けばいい。
そうすればどんな動画でもDVDにできる。

ちなみに、動画は10分で2GB程度の容量を食うらしい。
まぁ、デジカメの動画撮影はオマケ程度に考えておくのが無難。

そして、デジカメにまで無線LANが内蔵される時代になったらしい。
PCに送ったりキャノンのwebサービスへ転送したりなんだりと。
何でもUSBの時代から何でも無線LANの時代になっているらしい。


総括
スマホの普及で、PC周辺機器も多様な機種対応になっているようです。

拍手[0回]


タイトル通り、J-COMの160Mのサービスにプラン変更しました。

理由は、AUスマートバリューが適用されることとフレッツ+DIONで7000円

掛かるところが5000程度になるので、月額5000円程度の節約になるから。

ググるとJ-COMの評判はあんまり良くないようなんだけど

同じマンションでフレッツばっかりだとやっぱり回線速度が気になるので

ちょっとでも回線速度を向上させようかなと思ってみた。

でも、計測すると下りで18M上りで7M程度と、どっか改善の余地あり。

P2Pを使いすぎると帯域制限もあるようなのでご注意。



で、純正のモデムにルーター機能があるのかと思ってググッたんだけど

「Motorola SB6180」というのはケーブルモデムなので

ルーター機能は存在しない。

でも、なんでポート解放されないのかな~~~??・

なんて思ったらやっぱい無線LANのルーターでポート解放されてなかった(;・∀・)

うちで使ってるのは「BUFFALO WHR-HP-G300N」というもの。

ポート解放についてはググればすぐに出てくるので検索してくれ。



月額5000円安くなるということは、年間6万円安くなる。

一軒家でも買ったら、AU光にしてみるとか考えよう。

どっちにしろマンションタイプじゃあんまり速度でないだろうし。


関連記事
無線LAN モデムとルーターの違い
Windows7のRwinとネット回線速度

拍手[0回]


デバイス(機器)を制御するソフトウェアのこと。

PCごとに使用されている様々な部品やチップCPUなどのハードウェアを

OS(Windowsなど)で正常に動作・制御する為に必要なファイルのことで

これの善し悪しやバージョンなどで動作が大きく異なる重要ファイル。

Windowsの場合は「デバイスマネージャー」「プロパティ」で参照・変更できる。



大抵はWindows側で自動的にインストールしてくれるが、それが正常なものかどうか

接続した機器と比べてみると汎用のドライバが勝手に入ってる事も多い。

個人的にはディスプレイドライバや無線LAN・bruetoothなどのドライバは

最新版かつそのPC専用のドライバにしておくことをオススメする。

デスクトップやデスクノート辺りならスペック高いので気が付きにくいが

UMPCなどのロースペックPCならドライバの変更で動作が大きく変わることもある。


使用する機器などはOS問わずPCなら同じなので、WindowsならWindows用のドライバ

LinuxならLinux用のドライバがある。


関連記事
GMA500ドライバ拡張版 1024*768 ダウンスケール カスタムドライバ

拍手[0回]


プロフィール
HN:
mitsu-evo
性別:
男性
自己紹介:
FMV MV205から改造が始まり、Windowsをメインにハード及びソフトをいじっています。
最近はubuntuやスマホのAndroidなども手を出しています。
AMAZON
記事の品をアマゾンで検索
最新CM
ブログ内検索
フリーエリア


アクセス解析
忍者アナライズ

Copyright©PCパーツ・ソフト通販(仮):All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]