忍者ブログ
パソコンのパーツやソフトの紹介を紹介します。 Windowsやubuntuのカスタムや設定解説あるかも知れません。
MENU
>56>>55>>54>>53>>52>>51>>50>>49>>48>>47>>46>
microATXな880GM-LEマザーでGTX285のグラフィックボードを付けてみた。
ケースもちっちゃいのでちょっとした加工が必要になった。
自分のケースの場合は、HDDを入れる部分に干渉してしまったので
とりあえず、金バサミでHDD収納部分の横壁の鉄板をぶった切る!!
これで、デッカイGTX285がようやく収まるようになる。

次は電源について。
今の電源は「ksg-550w-p」というものを使っている。



うちのサブになったPCの環境をちょっと。

CPU AMD Phenom2 X4 955 3.2Ghz
Mem 4GB
GPU Geforce GTX285
電源 ksg-550w-p
他  HDD 80G 82G 120G DVD-RW 3.5インチFDDとマルチドライブ

という環境。
メインもサブもスコアを落としているのがHDDだったりするのですがそれはさておいて。

Geforce9800GTの時には「補助電源」が6ピン1個だったんだけど
このGTX285は補助電源を2個使う。

足りなくて動かない!!

と思ったけど、物置から探して6pinのケーブルを見つけたので
接続してやると無事に動いてくれたので何より♪
スコアもグラフィックは6.9から7.4まで上がってくれたので効果はちゃんとあった。
というか、サブPCとメインPCのスペックがほとんど一緒になっているという・・・・・・

グラフィックボード交換の際は

・PC本体の電源が十分に足りているか?
・大きさを確認してちゃんと収まるか?
・補助電源の数を確認してケーブルがあるかどうか?
・ちゃんどドライバも入れること。


補助電源のコネクタは2つあれば2つ使うということなので
その分の電源やケーブルを確保しておく必要がある。
忘備録な感じだけど、電源は問題無いと思ったけど
ケースに収まらなかったり、ケーブルが足りなかったりしたので
事前に下調べをちゃんとしないと面倒な事になるので気をつけましょう!


関連記事
初心者にも分かるマザーボード
初心者にも分かるグラフィックボード

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
mitsu-evo
性別:
男性
自己紹介:
FMV MV205から改造が始まり、Windowsをメインにハード及びソフトをいじっています。
最近はubuntuやスマホのAndroidなども手を出しています。
AMAZON
記事の品をアマゾンで検索
最新CM
ブログ内検索
フリーエリア


アクセス解析
忍者アナライズ

Copyright©PCパーツ・ソフト通販(仮):All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]